ヨークシャーテリアの飼い方・しつけ方

多頭飼いに適している時期

 

多頭飼いに適している時期については、その家庭の環境や、飼い主さんがどれだけ犬に対して時間を作ることができるかなどにもよると思います。

 

もちろん、犬同士の相性や性格もあるので、それに応じて考えてあげるのが一番なのではないでしょうか?

 

例えば、性別の違う犬を飼う時、交配を目的としているなら、ほぼ同時に飼って、お互い1歳を過ぎた頃に交配させることができます。

 

時期をずらして飼う場合には、生理の時期なども考えてあげるといいですね。

 

多頭飼いをする時には、先住犬のしつけをきちんとしておくことで、その後のしつけは先住犬を見習って覚えてくれることが多いです。

 

この為、あるい程度先住犬のしつけができてから、次の犬を迎えるとしつけの面では、とても楽になることがあります。

 

後から来るのが仔犬なら、大抵の場合は先住犬も抵抗なく、受け入れてくれます。

 

しかし、先住犬が年を取り過ぎている場合は、元気いっぱいの仔犬の相手をするのが、体力的に辛い場合もありますね。

 

先住犬が高齢の場合は、こういったことも考えてあげてほしいと思います。

 

我が家の場合は、1歳違いの兄妹犬が最初だったので、特に問題なく過ごしてきました。

 

先住犬たちが、5歳と4歳の時に、もう1匹末っ子を迎え入れましたが、最初だけ先住犬が警戒していたものの、すぐに打ち解けて数時間後には、一緒に寝ていたくらいです。

 

多頭飼いに適している時期とは、その犬の性格なども関係してくるので、性格や環境を見極めて決めてあげてください。