ヨークシャーテリアの飼い方・しつけ方

肥満予防をする

 

病気にならないためには、肥満予防は大切なことです。

 

特にヨークシャーテリアは肥満になりやすいので、注意が必要です。

 

太り過ぎることで、心臓にも負担がかかります。

 

糖尿病などの病気になる可能性も高く、それが原因で他の病気を併発する可能性も高くなります。

 

足や腰に負担がかかるので、怪我をしやすくなります。

 

肥満になると、何一ついいことはありませんね。

 

人間と同じです。

 

ヨークシャーテリアは小型犬の中でも、特に小さくあまり運動をさせなくてもいいようなイメージがありますが、適度な運動は必要になります。

 

激しい運動は必要ありませんが、短時間でもお散歩に行けると一番いいですね。

 

どうしても毎日お散歩に行けない場合は、室内で遊ばせてあげるなどして、体を動かして運動させてあげることも大切です。

 

他には、食事管理も大切になります。

 

適度に運動をしていても、食べさせる量が多ければ肥満になります。

 

年齢に合ったドッグフードを食べさせることも大切ですね。

 

おやつの食べ過ぎも、肥満の原因になることがあります。

 

これは私たちが、間食すると太るのと同じ感覚ですので、おやつの与え過ぎにも注意してくださいね。

 

また、体質によって太りやすい子もいますので、その子の体質なども考えて、ドッグフードを選ぶことも考えてあげましょう。

 

肥満を予防することで、結果的に病気予防にもなり、長生きすることができますので、愛犬と一緒に飼い主さんも頑張って行きましょう。