ヨークシャーテリアの飼い方・しつけ方

停留睾丸

 

停留睾丸は、男の子だけの病気になります。

 

オスを飼う予定の人は、注意しておくといいと思います。

 

仔犬の時には、睾丸はまだお腹の中にあるので、ツルンとした可愛いものがついていますね(笑)

 

生後半年くらいで陰のうに降りてくるのですが、個体差はあるものの、だいたい6ヶ月を過ぎても、睾丸が正しい位置下降せずに、お腹の中や径部に残ってしまうことを停留睾丸と言います。

 

考えられる原因としては、遺伝によるものが一番多いと言われています。

 

特に痛みなどの症状がないので、犬が痛みを訴えるようなことはありません。

 

停留睾丸には、どちらか片方だけの場合もあれば、両方の場合もあります。

 

片方だけの場合は、繁殖は可能になりますが、高い確率で遺伝をするので、停留睾丸の犬は繁殖には不向きと考える方がいいでしょう。

 

両方が停留睾丸の場合、精子を作ることができないので、繁殖はできません。

 

また、お腹の中に睾丸がとどまっている場合、腫瘍化する可能性も高いので、停留睾丸とわかったら去勢手術をするのがべストな治療法になります。

 

繁殖に使う予定がない場合は、将来的な病気予防の意味でも、去勢手術をするのが望ましいですね。

 

特に、停留睾丸の場合は通常の場合に比べて、腫瘍化する確率の数十倍になるので、できるだけ早いうちに手術を決断するのも大切なことになります。