ヨークシャーテリアの飼い方・しつけ方

気管虚脱

 

気管虚脱は、気管がつぶれたように変形してしまうことで、呼吸が困難になる病気です。

 

本来、丸い筒状の気管が遺伝や肥満などの原因で、扁平に変形してしまいます。

 

小型犬に多い病気ですし、肥満になりやすいヨークシャーテリアも注意が必要です。

 

特に遺伝の場合は、肥満で症状が悪化するので、食事の管理にも注意しましょう。

 

お散歩の時に、カラーよりも、ハーネスのように首ではなく、胴につける物を使えば、気管虚脱にさせてしまう可能性も低くなり、予防にもなりますね。

 

気管虚脱なのにカラーで散歩をして、引っ張ることで首を圧迫すると、結果的に気管も圧迫してしまいます。

 

チアノーゼの症状も出ることがあるので、できればカラーではなく、ハーネスを使いたいですね。

 

主に高齢犬に多く見られる症状ですが、若い時に発症することもあると言われています。

 

気管虚脱と診断された場合には、適切な治療も大切になります。

 

呼吸が苦しく、ゼーゼーしてしまうので、症状を和らげてあげることが大切です。

 

これには、気管拡張剤や鎮咳剤などを投与する内科治療が一般的と言われています。

 

あまりにも呼吸が困難になると、酸素吸入なども必要になるので、できるだけ症状を悪化させないように工夫してあげたいですね。

 

これでも症状が改善されない場合には、外科的手術という方法もあるようです。

 

この場合は、獣医さんとよく相談して決めて行きましょう。