ヨークシャーテリアの飼い方・しつけ方

アレルギー性皮膚炎

 

犬もアレルギーを起こすことがあります。

 

アレルギー性皮膚炎といっても、いくつかの原因があります。

 

まず考えられるのは、アトピー性皮膚炎ですね。

 

アトピー性皮膚炎は人間と同じで、免疫反応が過剰に働くことで起こる皮膚炎です。

 

主にハウスダストや花粉、ダニなどが原因になります。

 

我が家のワンコも私と同じで、花粉の季節にはくしゃみをするのですが、もしかしたら花粉症なのかもしれません。

 

次に考えられる原因としては、食物性のアレルギーですね。

 

ドッグフードの原料によっては、食べるとアレルギーを引き起こすものもあるので、ドッグフードは慎重に選んであげましょう。

 

他の原因としては、カーペットなどの化学繊維や、首輪の素材、シャンプーなどでもアレルギーを引き起こすことがあります。

 

どの場合でも、かゆみを伴うので、犬はどうしても引っ掻いたり、噛んだりしてしまいます。

 

そうすることで皮膚炎を悪化させてしまい、炎症を起こしてさらに皮膚炎が広がってしまうので、何が原因になっているのかを特定することも大切です。

 

アレルギーの原因がわかれば、その原因を取り除くことで症状も緩和されますからね。

 

アレルギー性皮膚炎の場合は、人間と同じようにまずは原因を確かめ、それを取り除くことが大切です。

 

かゆみどめや、エリザベスカラーで引っ掻かないように、予防してあげることも必要ですね。