ヨークシャーテリアの飼い方・しつけ方

レッグパーセス病

 

レッグパーセス病は、レッグの名がつくのでなんとなく足の病気だと想像できます。

 

レッグパーセス病というのは、大腿骨への血行が何らかの原因で妨害されるために、大腿骨に必要な血液が行き届かず壊死してしまう病気です。

 

初期症状としては、足を痛がったり、ビッコを引いたりします。

 

今のところはっきりとした原因はわかっていませんが、遺伝する可能性が高いことから、この病気も安易な交配を避けることで、ある程度予防できるのではないかと思います。

 

レッグパーセス病の場合は、片足だけに症状が出る場合が多いのですが、ごく稀に両足に症状が出る場合もあるといいます。

 

関節痛のような痛みがあるので、関節に触られるのを嫌がったりします。

 

痛みがあるので、食欲も低下することがありますので、病気を見分ける一つの目安になりますね。

 

成長期の小型犬に多く発症する病気なので、ヨークシャーテリアも注意しておきたい病気の一つです。

 

レッグパーセス病になってしまうと、病気の進行を止めることはできないため、初期には鎮痛剤などを使い症状を緩和させますが、最終的には外科手術で壊死した大腿骨を切除することになります。

 

しかし、長期のリハビリが必要になるので、飼い主さんの助けも必要になりますので、しっかりと支えてあげてほしいと思います。

 

レッグパーセス病の予防は、避妊手術、去勢手術をすることですね。

 

これ以外の予防は、今のところないと言われています。

 

早期発見、早期治療が大切な病気と覚えておきましょう。