ヨークシャーテリアの飼い方・しつけ方

水頭症

 

水頭症は、病名を見ると頭に水のたまる病気だという事が予想できますね。

 

正確に言うならば、頭というより脳に水がたまっている状態ですね。

 

脳脊髄液が溜まってしまうので、脳室が膨らんで大きくなってしまいます。

 

水頭症といっても、個体差があるので全く無症状の場合もあれば、歩行困難になったり、動けなくなってしまう事もあります。

 

これも、小型犬に多い病気なので、ヨークシャーテリアも注意しておきたい病気の一つです。

 

原因としては、お腹の中にいる時に、ウイルス感染をしてしまう先天性の場合と、頭部の外傷などの後天性の場合とがあります。

 

特に小型犬には、先天性の場合が多いと言われています。

 

しつけの時に、なかなか覚えなかったり、ボーっとしている事が多い時には、水頭症の疑いがあります。

 

明らかに異常なほど寝ている時間が多い、突然酷く興奮するなども水頭症を疑う事があります。

 

この他にも、よく転んだり、歩き方がおかしいと感じたら、すぐに病院で検査を受けることをオススメします。

 

水頭症の治療には、まず脳脊髄液の量を減らすように、脳圧を下げる薬を使います。

 

脳内の脳骨髄液が多い場合には、それを腹腔内に流すように、手術をすることもあります。

 

頭の、それも脳の病気なので、とても怖い病気のようにも思えますね。

 

症状が出れば、治療も可能になりますが、無症状の場合もあるので、見極めるのも難しい場合があります。

 

何か少しでも異常を感じた時には、すぐに動物病院に行くことも大切ですね。