ヨークシャーテリアの飼い方・しつけ方

僧帽弁閉鎖不全症

 

僧帽弁閉鎖不全症とは、心臓の病気です。

 

高齢の小型犬に多い病気なので、高齢期のヨークシャーテリアも注意しておきましょう。

 

主な症状としては、特徴的なゼーゼーした乾いたような咳をします。

 

聞いているだけでも苦しくなってしまうような咳なので、すぐにわかると思います。

 

苦しいので、あまり動きたがらなくなることもあります。

 

僧帽弁閉鎖不全症になる原因としては、心臓の僧帽弁という部分にある変化が起こるからです。

 

僧帽弁は血液の逆流を防ぐフタのようなものなのですが、僧帽弁が厚くなってしまいフタの役目ができなくなってしまうのです。

 

治療法としては、現段階では完治は不可能なので、症状を緩和させるしかありません。

 

食事療法や、血管拡張剤などを使いながら、症状を緩和し、進行を食い止めるしかないのです。

 

運動もある程度制限しないといけないので、お散歩も少しだけにしないといけなくなります。

 

太らせてしまう事で、心臓に負担がかかるので、肥満にも十分注意しなければいけません。

 

原因もはっきりとは解明されていませんが、遺伝的な要因もあることから、この病気を持つ系統の子は、繁殖させないのがいいと思います。

 

はっきりとした予防法がない以上、安易な交配を避けるのも人としてもモラルですね。

 

日頃から定期的に健康診断をすることで、どんな病気も早期発見、早期治療ができますね。