ヨークシャーテリアの飼い方・しつけ方

進行性網膜萎縮症

 

進行性網膜萎縮症は、目の網膜が委縮してしまうため、最初は見えにくくなる程度ですが、徐々に症状が進行して、最終的には失明してしまう病気です。

 

初期のうちは、見分けがつかないために、進行性網膜萎縮症だと気づいてあげられないことも多い厄介な病気です。

 

ある程度進行してからでないと症状が出ないので、ある時、夕方や夜になると、散歩中に急に不安そうにしたり、物につまずくようになって初めて気づくことが多いようです。

 

少しずつ見えなくなっていくので、飼い主さんも気づかないことが多いようですね。

 

ただし、突然目が見えなくなるわけではないため、犬も自分の状況を少しずつ受け入れることができるので、見えないなりに、慣れていくようです。

 

症状の進行具合にも個体差があるので、見えなくなるまでにかなりゆっくり進行していくこともあるようです。

 

原因は遺伝性によるものという事がわかっていますので、進行性網膜萎縮症の病気を持つ系統は、繁殖してはいけないと思う勇気も必要です。

 

失明してしまうのは、とても辛いことですが、痛みを感じることはないそうです。

 

徐々に見えなくなっていくので、犬も感覚で物の位置などを覚えていってくれるようです。

 

進行性網膜萎縮症になってしまったら、できるだけ犬が安心して過ごせるような環境を作ってあげることも大切ですね。