ヨークシャーテリアの飼い方・しつけ方

ジアルジア症

 

ジアルジア症とは、小腸にジアルジアという寄生虫が寄生することで起こる感染症のことです。

 

仔犬にジアルジア症が多いのは、集団感染をする可能性が高いため、ペットショップなどでも感染しやすくなります。

 

主な症状としては、下痢ですね。

 

このため栄養をきちんと吸収できず、発育が遅れたり、やせ細っていくので、すぐにわかる病気でもあります。

 

お散歩中にジアルジア症に感染する可能性もあるので、散歩の時には放置してあるフンや、水たまりには近づかないようにしましょう。

 

ジアルジア症の場合、下痢をすると独特の匂いがあるので、わかりやすいでしょう。

 

仔犬の場合は、ちょっとしたことでも体調を崩しやすいので、下痢をした時は、すぐに病院に行き、原因を確かめることが大切です。

 

原因がわかれば適切な治療もできますから、まずは病院で検査してもらいましょう。

 

治療をする場合には、再発の可能性も高いので、徹底的な治療も大切です。

 

抗原虫薬を飲ませて、部屋やサークルも消毒しておくといいでしょう。

 

犬自身のカラダも常に清潔にしておきましょう。

 

多頭飼いの場合は、感染する可能性も高いので、全ての犬に抗原虫薬を飲ませましょう。

 

ジアルジアは、熱湯消毒で死滅するので、もしもジアルジア症になった場合は、サークルやハウス、食器など犬用の道具全てを一度熱湯消毒しておきましょう。