ヨークシャーテリアの飼い方・しつけ方

犬回虫症

 

犬回虫症とは、寄生虫が原因の病気です。

 

犬回虫という回虫が原因で、主に下痢を引き起こします。

 

原因の多くが胎盤感染や乳汁感染といった母犬からの感染になります。

 

土の中に犬回虫の卵がある場合もあるので、土の上で遊ぶ時には十分注意をしましょう。

 

下痢の他には、お腹が異常に膨れるという特徴もあります。

 

発育不全という症状もあるので、痩せているのにお腹が異常に膨らんでいる時には、犬回虫症の疑いがあるかもしれません。

 

元気もなくなってくるので、おかしいと思ったら、すぐに動物病院に連れて行きましょう。

 

特に仔犬の場合は、単なる寄生虫と楽観視できません。

 

寄生虫が多い場合には小腸に詰まり、腸閉塞を起こす可能性もあるので、早期治療が大切になります。

 

治療には、駆虫薬を飲ませて駆虫していく方法が一般的ですね。

 

下痢が酷い場合には、下痢止めなども一緒に飲ませていきます。

 

犬回虫症の場合、回虫の量によっては一度では完治しない場合もあるので、定期的に検査をすることも大切になります。

 

一度で駆虫出来ない場合には、再度駆虫薬を飲ませることになります。

 

母犬から感染するので、兄妹犬がいる場合には、全部の犬に駆虫薬を飲ませる必要も出てきます。

 

それ以外では、お散歩中に放置してあるフンなどに、近づかないように予防もしておきましょう。