ヨークシャーテリアの飼い方・しつけ方

爪のお手入れ

 

室内で生活している犬は、どうしても爪が伸びてきてしまいます。

 

爪切りも定期的に行いましょう。

 

ヨークシャーテリアは、黒い爪の子が多いですね。

 

白い爪の場合は血管も透けて見えるので、どこまで切ればいいかわかるのですが、爪が黒い場合は、血管が見えないので、注意が必要です。

 

目安は、足の裏の肉キュウに食い込まない程度に切ってあげることですね。

 

いきなり、一度に切ろうとせず、少しずつ爪の状態を見ながら切っていくと、失敗もなく出血せずに済みます。

 

万が一、切り過ぎてしまって、出血した場合に備えて、あらかじめ止血剤を用意しておくといいでしょう。

 

私も失敗したことがありますが、勢いよく血があふれてくるので、慌ててしまいます。

 

切り過ぎてしまった場合は、まずティッシュペーパーで血を拭きながら、素早く止血剤を付けていけば、すぐに血も止まります。

 

爪を切らずにそのまま放置しておくと、肉キュウに食い込みその部分に炎症を起こすこともあります。

 

爪も切らずにいるとドンドン伸びてくるので、定期的に切るようにしてください。

 

目安としては、歩く時、カツカツと音がするようになった頃がいいでしょう。

 

見た目にも爪が伸びているとわかるはずです。

 

どうしても自信がなく自分で爪切りができないのなら、トリマーさんや動物病院でも爪切りをしてもらえるので、お任せしてしまいましょう。