ヨークシャーテリアの飼い方・しつけ方

歯のお手入れ

 

歯のお手入れは長生きしてもらいたいなら、とても大切なお手入れの一つなので、よく覚えておいてくださいね。

 

ヨークシャーテリアのように、口の小さい犬種は、食べカスが歯に着きやすいので、食後に歯磨きの習慣をつけるようにしましょう。

 

歯磨きは、成犬になってからでは難しい事なので、仔犬のうちから習慣にしておくことが大切です。

 

歯が汚れやすいので、すぐに歯垢がたまり、それが歯石となり歯肉炎、歯周病へとつがなっていきます。

 

歯磨きをせずにそのまま放置しておくと、いずれは歯槽膿漏も進み、歯が抜け落ちてしまうようになります。

 

当然のことですが、物を食べるためには、歯がないと噛むことができなくなりますね。

 

人間にも言えることですが、歯がなければ噛めなくなるので、それだけ栄養も十分に吸収できなくなるため、長生き出来ないのです。

 

歯がなくなってしまっても、食欲のある子の場合は、やわらかい缶詰などを丸のみしてしまいますが、消化もよくないため胃にも負担がかかり、結果的にはカラダにも負担をかけることになってしまいますね。

 

歯磨きの習慣は、仔犬の頃からしっかりとつけてあげることが大切です。

 

犬用の歯ブラシも市販されていますし、子供用の小さい歯ブラシでもかまいません。

 

食後は歯を磨いてあげましょう。

 

歯ブラシを嫌がるようなら、ガーゼを指に巻いて歯の表面を軽くこすり、汚れを落としてあげてもいいです。

 

すでに成犬になってしまって、歯磨きができない場合には、歯磨き効果のあるおもちゃや、ガムでもいいので噛ませてあげましょう。