ヨークシャーテリアの飼い方・しつけ方

肛門線のお手入れ

 

犬には肛門のところに肛門腺というのがあって、とても臭い臭いを出す袋のようなものがあります。

 

これは個体差があり、それぞれ臭いが違うので、犬同士がお尻の臭いを嗅ぎ合って、相手が誰であるかを識別することができる名刺のようなものですね。

 

大抵はウンチをする時に一緒に排出されていくのですが、小型犬の場合はそれがうまくいかない事が多くなります。

 

たまに、突然お尻を床にこすりつけてそのまま移動しているようなしぐさを見せることはありませんか?

 

そういう時には大抵、肛門腺がたまっているサインです。

 

この場合は定期的に、肛門腺を絞ってあげる必要があります。

 

肛門のところの横、時計の針の4と8の辺りを、指で押さえてつまみだすようにすると絞れるのですが、これが意外と難しく、コツがいるので、自分で出来ない場合は、トリマーさんか、動物病院でやってもらいましょう。

 

ただし、肛門膿はとっても臭いので、手や洋服につくとなかなか匂いがとれません。

 

犬の毛についても同じなので、肛門腺を絞る時には、前もって肛門の周りの毛も短くカットしておくことをオススメします。

 

肛門腺が溜まったままにしておくと、袋が破裂してお尻に穴があいてしまう事もあるので、必ず定期的にチェックしてあげましょう。

 

トリミングに出しているなら、その時に一緒にやってもらえるので、安心ですね。