ヨークシャーテリアの飼い方・しつけ方

ブラッシング

 

動く宝石とも言われるヨークシャーテリアにとって、ブラッシングは何より大切なお手入れの一つですね。

 

毛の長さにもよりますが、短めにカットしている場合は、毎日のブラッシングで血行もよくなりますし、毛が絡まったりして毛玉になるのも防ぐことができるので、毎日ブラッシングしてあげましょう。

 

ブラッシングをする時に何か話しかけながらするとスキンシップにもなるのでオススメです。

 

全身を清潔に保つこともできますし、飼い主さんとの信頼関係を深める大切な時間にもなります。

 

毛の長さにもよりますが、ブラッシングをする時には、ピンブラシを使って全体をブラッシングしていきます。

 

 

脇や耳の毛や、よく擦れる部分は特に毛玉になりやすいので、コームやスリッカーブラシを使うと、とかしやすいです。

 

もしも毛玉になってしまったら、ほぐせる限りほぐし、後はハサミでカットしておきましょう。

 

無理に引っ張ったり、抜こうとすると皮膚や毛を傷つけてしまうので、絶対にやってはいけません。

 

乾燥しやすい時期には、ブラッシングの時に静電気が起きやすくなります。

 

こういう場合には、静電気防止スプレーなどがあるので、それを使うといいでしょう。

 

使うブラシの素材にもよりますが、コームは金属製の方が静電気が起きにくい気がします。

 

ブラシの毛も人工のものより、自然素材の方が静電気が起きにくいので、色々と試してみるのもいいですね。