ヨークシャーテリアの飼い方・しつけ方

ヨークシャーテリアの遺伝性疾患

 

ヨークシャーテリアの主な遺伝性疾患は、膝蓋骨脱臼や気管虚脱ですね。

 

膝蓋骨脱臼は、膝のお皿がずれてしまう病気です。

 

症状も色々あって、外れやすく戻りやす場合もありますが、放置しておくと骨が変形してしまいます。

 

先天性の膝蓋骨脱臼とわかった場合には、早めに病院で相談して、適切な処置をしましょう。

 

気管虚脱は呼吸する気管がつぶれてしまい呼吸が困難になる病気です。

 

これも先天性のものもありますが、肥満などで太り過ぎで起こる場合もあるので、やはり日頃からの健康管理が大切になりますね。

 

お散歩の時に、よく引っ張る子は、カラーを付けている場合に喉を圧迫し余計に呼吸がしづらくなってしまいます。

 

引っ張らせないようにしつけることも大切ですが、カラーをハーネスに変えるなどの工夫もしてみましょう。

 

遺伝性の疾患を持っている犬は、繁殖には不向きです。

 

自分の可愛い愛犬の子犬の顔を見たいと思う気持ちはわかりますが、交配させる前にヨークシャーテリアの遺伝性疾患についてしっかりと調べておきましょう。

 

遺伝性疾患がなくても、後天性なものもあります。

 

運動不足による肥満などでも、遺伝性疾患と同じ病気になる可能性があります。

 

交配させてもいい犬でも、子犬を産ませて育てる過程で運動や、健康管理も大切なことと覚えておくといいですね。