ヨークシャーテリアの飼い方・しつけ方

ヨークシャーテリアの黒い爪を上手く切るコツはありますか?

 

爪切りって簡単なようですが、色によってかなり大変になることもあります。

 

ヨークシャーテリアの場合は、黒い爪の子が多いので、爪切りも一苦労なことですね。

 

トリミングに出していれば、その時に一緒に爪切りもしてもらえますし、動物病院でも爪切りだけやってもらえます。

 

しかし、費用はかかってしまうので、自分で爪切りをしたい人のために、コツをお教えしておきますね。

 

爪が白い場合は、血管も透けて見えるので、血管の手前で止めておけばいいから簡単です。

 

でも、爪が黒いと中が見えないので、うっかり切り過ぎて大出血!

 

なんてこともよくあります。

 

どうしても不安なら、最初だけトリマーさんか、獣医さんにお願いしてみてください。

 

次に切る時に、爪をよーく見ると、前回切った所にうっすらと線のようなものがあるはずです。

 

その線を目安にして、切って行けば血管まで切ってしまう事もないので安全です。

 

でも、それがわからない場合は、一度に切ろうとせずに、爪切りの角度を変えながら少しずつ切って行きましょう。

 

ある程度まで来ると、爪の真ん中に血管の名残が見えてきます。

 

それ以上切ると血管も切ってしまう事になるので、そこでストップすればいいんです。

 

一度血管を切ってしまうと、犬も嫌がりますので、慎重に少しずつ切っていくといいですね。

 

怖いからと切らずに伸ばしたままにしておくと、血管もどんどん伸びてきますし、肉キュウに爪が食い込んで炎症してしまう事もあります。

 

万が一のために止血剤を用意しておけば、すぐに血も止まりますので、慎重に少しずつ切って行けば大丈夫ですよ。