ヨークシャーテリアの飼い方・しつけ方

ヨークシャーテリアの価格

 

ヨークシャーテリアの価格に関しては、安いからいいというわけでもありませんし、高すぎるものちょっと考えてしまいますよね。

 

しかし、やはり健康で良い犬を探したいなら、ある程度の予算は確保しておきたいですね。

 

今はペットショップに行かなくてもインターネットで簡単にヨークシャーテリアの価格を調べることが出来ますね。

 

小型犬の中でも特に小さいヨークシャーテリアですが、ヨークシャーテリアの中でも小さい子は、値段が高くなっているようですね。

 

あるヨークシャーテリアの専門店の価格を見てみました。

 

色はスチールブルー&タンが多いようですね。

 

この専門店では、男の子が65,000円〜126,000円となっています。

 

女の子の場合は少し高くなっていて、108,000円という子がいました。

 

中でも男の子&女の子共にとても小さく小柄な子犬がいました。

 

この場合には、男の子が170,000円で、女の子が180,000円となっていました。

 

他にも専門店を見てみましたが、中には30万円くらいする子犬もいましたし、10万円以下の子犬も多かったところもありました。

 

今回紹介したヨークシャーテリアの価格が平均だと思います。

 

ちなみに、ヨークシャーテリアに限らず他の犬種も一般的にオスよりもメスの方が値段が高くなります。

 

この値段の違いは、子供を産めるか否かの違いです。

 

また、ヨークシャーテリアの「血統」によっても値段は大きく違ってきます。

 

同じヨークシャーテリアであっても血統が良ければ値段が高くなりますし、逆に血統が悪ければ値段は安くなります。

 

親がドッグショーのチャンピオン犬の子犬だと100万円以上する場合もあります。

 

チャンピオン犬の子犬は将来的にスタンダードに近い理想的な個体に成長する可能性が高いため、販売額が高額に設定されています。

 

また、一般的にペットショップではなく、ブリーダーから購入する場合は、少し安くなる傾向にあります。

 

ペットショップの場合は人件費や賃料などの経費がかかるのと、流通の際に仲介業者が入るため割高になります。

 

ペットショップはブリーダーから子犬を仕入れて販売しています。

 

当然ですが、利益を得るためにブリーダーで買った値段に上乗せした金額が販売額になっています。

 

ただし、ブリーダーから購入する場合でも、血統が良かったり、親がチャンピオン犬など付加価値のある子犬の場合は、平均価格の2〜3倍、もしくはそれ以上の値が付くこともあります。

 

予算などもあると思いますが、値段で決めるのではなく、実際に子犬に会って決めるのが一番いいような気がします。