ヨークシャーテリアの飼い方・しつけ方

ヨークシャーテリアの血統書

 

純血種のヨークシャーテリアであれば、純血種であることを証明するための血統書が発行されます。

 

血統書は子犬が産まれてから繁殖者が、JKC(ジャパンケンネルクラブ)に申請をして登録をします。

 

血統書には次のような内容が書かれています。

 

「犬の登録名」は呼び名とは別に繁殖者が付ける名前になります。

 

主に犬舎などの名前を入れてあることが多いですね。

 

「登録番号」は特に普段使う事はありませんが、繁殖させる時には必要になるので血統書は大切に保管しておきましょう。

 

他には生年月日や毛色、兄妹が何頭か、頭数などが記載されています。

 

あとは両親犬など何代か前の祖先たちの情報が記載されていますね。

 

カラーに関してよくあるお話をしておきましょう。

 

血統書は産まれてすぐに繁殖者が登録をするのですが、ヨークシャーテリアの場合は毛色が七変化とも言われているくらい変化しますね。

 

黒でも正式には、スチールブルーと呼ばれていますので、血統書に記載されているカラーとちょっと違う印象に見えることもあるのです。

 

決して違う犬の血統書という事ではないと思うので、こういう事もあるという事を覚えておくといいでしょう。

 

子犬の時にはなかったゴールドやシルバーが成犬になってから出てくることもあります。

 

血統書の毛色は必ずしも正確ではないことも、珍しくないんですね。

 

たまに血統書がないヨークシャーテリアが値引きされて、インターネットで販売されていることがあります。

 

買う側は血統書無しで安く買えると思いますが、そもそも血統書がないということは純血種として登録できないヨークシャーテリアの子犬かもしれません。

 

つまり、ミックス犬(雑種)の可能性があるのです。

 

最初からヨークシャーテリアのミックス犬が欲しいなら問題はないですが、成犬になってからヨークシャーテリアでないと分かった場合はどうすのでしょうか。

 

もしヨークシャーテリアを飼いたいのであれば、必ず血統書はもらいましょう。