ヨークシャーテリアの飼い方・しつけ方

ヨークシャーテリアのサークルの選び方

 

ヨークシャーテリアのサークルは、犬のサイズに合わせて選んでいくことになりますが、小型犬でもスペースに余裕があるなら、少し広めに場所を確保してあげてもいいと思います。

 

でも1日中、ハウスに入れっぱなしでは可哀そうなので、外でも遊ばせてあげるようにしてくださいね。

 

飼い主さんがいいと思うサークルを選んであげるのが一番いいと思います。

 

サークルを選ぶ時の基準は、小型犬用のものになります。

 

ヨークシャーテリアの場合は成犬になってからも小さいので、スペース的にはそれほど邪魔になることはないと思います。

 

私の場合は、最初はトイレのしつけも兼ねてサークルの中にハウスとトイレを仕切りで分けて置いていました。

 

 

仔犬は寝起きと食後にトイレをするので、こうしておくと仔犬もトイレを覚えやすいのでオススメです。

 

起きてすぐにトイレをしたら、外に出してあげる。

 

食後にトイレができたら、外に出してあげる。

 

これを繰り返していくうちに、多少の失敗はありますが、自然とトイレを覚えてくれるようになります。

 

サークルには上が解放されているものもあれば、ケージのように上も囲ってあるものがあります。

 

これも使いやすい方を選んでみましょう。

 

上に囲いがないタイプの方が、急いでいる時などはサークルに入れやすいかもしれません。

 

サークルの中にドーム型のハウスなどを入れてあげると、そこで寝るようになるので、可愛いものを選んであげましょう。