ヨークシャーテリアの飼い方・しつけ方

ヨークシャーテリアがご飯を食べなくなった場合

 

まず、急にご飯を食べなくなった場合、必ず何らかの原因があるので、その原因を確かめましょう。

 

食欲がない場合は、病気である可能性もあるので、そのうち食べるだろうと放置せず、きちんと確かめておきましょう。

 

体を触って、熱っぽかったり、呼吸が苦しそうな場合は、すぐに動物病院に連れて行きましょう。

 

病気が原因で、ご飯を食べなくなった場合には適切な処置も大切になります。

 

この他、考えられる原因としては、季節なども関係している場合があります。

 

人間も夏の蒸し暑い時期には、夏バテをして食欲がなくなることがありますね。

 

これはワンちゃんも同じで、この時期にご飯を食べなくなった場合には、夏バテしている可能性もあります。

 

また、毎日ずーっと同じフードを食べている場合、味に飽きてしまう事もあるかもしれません。

 

いきなり今まで食べていたフードから、全く別の種類のフードに変えてしまうと、お腹を壊して下痢をしてしまうので、いきなり全部変えるのではなく、最初は今までのフードにトッピングする程度混ぜてみてください。

 

味がマンネリで飽きている場合は、今までと違う香りにつられて食べることもあります。

 

夏バテの場合は、食欲が出るような工夫をしてあげましょう。

 

ドッグフードの量を少なめにして、消化のいい野菜や鶏肉などを細かくして、湯がいたものを少量でも混ぜてあげると、食べてくれることもあります。

 

ご飯を食べなくなった場合には、必ず原因を確かめて、それに合った対処法を選んであげてくださいね。