ヨークシャーテリアの飼い方・しつけ方

ヨークシャーテリアのトイレトレーニング

 

仔犬の頃からトイレのしつけを始めていかなくてはいけません。

 

これがトイレトレーニングですね。

 

一番わかりやすいのは、最初だけサークルの中でトイレをさせるという事です。

 

トイレとハウスを一緒にさせることになりますが、仔犬のうちは失敗も多く、トイレに行こうとしても間に合わず、粗相をしてしまう事もあります。

 

こうなるのを防ぐのと、トイレを覚えさせるための方法としてサークルを使ってみましょう。

 

犬は寝起きや食後にトイレをすることが多いので、サークルの中にハウスを置き、その前にトイレを設置します。

 

すると、目が覚めたら自然とトイレに行き、トイレをするようになってきます。

 

ペットシーツの上ですることを覚えると、臭いを頼りにトイレを探すようになってくるので、少しずつトイレをサークルの外に移動させて行き、最終的にトイレとハウスを完全に区別していきます。

 

トイレを上手にできるように、あらかじペットシーツにおしっこの成分が配合されているスプレーなどを吹きかけておくこともできます。

 

また、一度使ったシーツの臭いを新しく取り替える時、こすりつけておくとその臭いでトイレまで行くこともあるので、色々と試してみてください。

 

トイレを失敗しても、できるだけ叱らずに出来たら褒めるようにします。

 

トイレの失敗を叱る時、タイミングが悪いと排泄自体を悪いことと勘違いしてしまいます。

 

トイレトレーニングは、叱るよりも褒めて伸ばす方が覚えも早い気がします。