ヨークシャーテリアの飼い方・しつけ方

「待て」・「よし」・「座れ」のしつけ

 

「待て」、「よし」、「座れ」のしつけは、最低限必要なしつけなので、必ず行いましょう。

 

ちなみに我が家でも基本的なしつけしかしていませんが、特に問題なく生活出来ています。

 

「待て」、「よし」、「座れ」のしつけをする時には、食事の時に行うと比較的わかりやすく、覚えるのも早い気がします。

 

あくまでも私個人の感想ですけどね。

 

まず、食事の時にすぐに与えず、一度高い位置に持ち、犬の前に立ちます。

 

すると自然と美味しそうな香りのする方を見上げるので、オスワリの姿勢になります。

 

この時、座るタイミングを見計らい「スワレ」、「オスワリ」などのコマンドを出します。

 

上手にオスワリができたら、次は食事を目の前に置き、最初は手で仔犬の体を軽く押さえて「マテ!」と強めにコマンドを出します。

 

強い口調で言うと一瞬びっくりして止まるので、その時に「待て」ができるようになってきます。

 

最初は一瞬でもご飯に飛びつかずにいられたら、ヨシと言って食べさせてあげましょう。

 

私は、これで「待て」、「よし」、「座れ」のしつけをしました。

 

これだけで覚えさせると、食事の時しかしなくなるので、他の時にも少しずつ覚えさせていきます。

 

遊ぶ時におもちゃをすぐに渡さず「座れ」、「待て」、「よし」をしてから遊ぶと覚えも早いのでオススメです。

 

しつけは厳しくするだけが良いとは限りません。

 

遊びを通して楽しく学ばせると覚えも早いのでオススメです。