ヨークシャーテリアの飼い方・しつけ方

ヨークシャーテリアの夜鳴きのしつけ

 

夜鳴きのしつけについては、仔犬を迎えた人なら、誰でも経験することと言っていいでしょう。

 

仔犬といっても人間の赤ちゃんと同じなので、母犬がいなくなると新しい環境に馴染めず、一人で寂しい思いをします。

 

昼間は飼い主さんの姿が見えるので、サークルの中でもお利口にしていることができますね。

 

でも、夜になると真っ暗で誰もいなくなってしまったら、寂しくなるのは当然と言ってもいいでしょう。

 

・寂しい

 

・一人ぼっちが不安

 

・母犬の温もりが恋しくなる

 

これらが夜鳴きの主な原因となります。

 

仔犬を飼うなら必ず最初の数日間は夜鳴きをすると思っておきましょう。

 

夜鳴き対策としては、無視するのが一番ですし、これしか方法はありません。

 

あまりにも悲しそうな声を出して鳴くので、つい可哀そうになってしまい、様子を見に行き落ち着くまで抱いてあげる、なんてこともあるかもしれませんね。

 

しかし、一度でもこれをしてしまうと、仔犬は鳴けば飼い主さんにかまってもらえる、抱っこしてもらえると学習します。

 

すると、飼い主さんが来てくれるまで鳴き続ける・・・。

 

なんてことにもなりかねません。

 

サークルの中で寝起きさせると決めているなら、無視しかありません。

 

でも、可哀そうと思うなら、寝室にサークルを移動させるなどしてみてもいいですね。

 

飼い主さんの気配がすれば、安心することもあります。

 

また、肌寒い時期はペット専用のヒーターを入れてあげると、暖かさで安心して眠ることもあります。

 

時計の音が母犬の心臓の音に似ているので、時計を近くにおくと安心するとも言われています。

 

飼い主さんと、ワンちゃんにとってベストな方法を試してみてくださいね。