ヨークシャーテリアの飼い方・しつけ方

ヨークシャーテリアの食事

 

犬は元々群れで生活をしていました。

 

群れには必ずリーダーがいて、群れのトップに立ち仲間を守っていました。

 

リーダーになるためには、群れの仲間から信頼されている必要があり、リーダーと群れの仲間の信頼関係が何より大切になります。

 

家族の一員として犬を迎え入れた時にも同じ事が言えるのです。

 

群れには必ずリーダーが必要ですね。

 

群れのリーダーは信頼されていることもあり、食事をする時には一番最初に一番美味しいところを食べられるのです。

 

群れのメンバーは、リーダーが食事を済ませてから、やっと食べることを許されます。

 

食べるものは違っても、食事をする事には変わりありませんね。

 

まずは飼い主が先に食事を済ませ、それからワンちゃんの食事を与えてください。

 

こうすることで、自然と先に食事をする飼い主がリーダーであると学んでいきます。

 

お腹が空くとクンクン鳴くので、ついつい先に仔犬にご飯をあげていませんか?

 

飼い主さんはそんな意識がなくても、仔犬は自分が先に食事をすることを本能的に察知して、自分の方が優先されていると受け取ります。

 

これを繰り返すことで、自分が群れのリーダーなのだと勘違いしてしまうのです。

 

こうなると自分より立場が下の飼い主さんのいう事は聞かなくなります。

 

何気ないことなのですが、飼い主が先に食事をする事が大切だと覚えておきましょう。