ヨークシャーテリアの飼い方・しつけ方

食事を与える人を決める

 

犬の健康状態を把握する意味もあるので、出来れば毎回同じ人が食事を与えるのが望ましいですね。

 

私は犬の食事の量を目分量であげています。

 

長いことそうしているのできっちりとグラム数を量ったことはありませんが、だいたい同じ分量にしているつもりです。

 

食器にこれくらいという感じで、なんとなく量を決めていますが、極端に多すぎることもないし、少なすぎることもないので、これでいいかなと思っています。

 

たまに、私が外出していたりでどうしても間に合わない時は、家族に頼んで食事を与えてもらいますが、量を説明しても多かったりすることもあります。

 

当然いつもよりたくさん食べるので、お腹を壊す子もいれば、ウンチが多くなる子もいます(笑)

 

人によって感覚が違うので、八分目や七分目といっても変わってきますね。

 

ただ、ウンチの量が増えるだけならいいのですが、お腹を壊して体調を崩す可能性もあります。

 

また、犬も季節やその時の体調によって食欲にも変化があります。

 

いつもはすぐに平らげるのに、今日は残していたら、「あれ?どこか悪いのかな?」と思いますね。

 

暑い季節には、夏バテで食欲が落ちることもあります。

 

我が家では多頭飼いなので、それぞれが適量をきちんと最後まで食べているか、見張っていないといけません。

 

何気ない事に思えるのですが、食事の管理も健康管理をする上でとても大切なことになります。

 

常に食事の状態を把握するという意味でも、食事を与える人を決めるのがベストだと思います。