ヨークシャーテリアの飼い方・しつけ方

ヨークシャーテリアの食欲がない場合

 

食欲がない場合には、色々な原因が考えられます。

 

まずは、病気の場合ですね。

 

昨日まで元気にしており、食事も普通にしていたのに、突然食事を受け付けなくなった場合には、病気であることも考えられます。

 

まぁ、突然というのは極端かもしれませんが、食欲がないのは病気のサインであることも覚えておきましょう。

 

こういう場合は、まずなによりも動物病院で検査をしてもらうのがいいですね。

 

どこも悪くなく、ただいつものフードに飽きてしまっていた・・・なんてこともあるかもしれませんが、健康なら問題ないですもんね。

 

まず最初に食欲がない場合には、その原因を確認しておくことが大切です。

 

何らかの病気であれば、治療をし回復すれば食欲も戻ってくるでしょう。

 

また、季節によっては食欲が落ちたり、食欲がない場合あります。

 

人間同様に室内で暮らしているヨークシャーテリアのような小型犬も、夏の蒸し暑い時期には、夏バテをすることがあります。

 

いつもはクーラーの効いた涼しい部屋にいても、朝晩の涼しい時のお散歩でも、外に出れば暑く、湿気がある時は蒸し暑い思いをしますね。

 

この温度差も夏バテの原因であるのは、犬も人間も同じなのです。

 

ヨークシャーテリアの場合は、食欲がないからとそのままにしておくと、低血糖になることもあるので、できるだけ食欲がわくように工夫してあげましょう。

 

いつものフードに少し、缶詰をトッピングしてあげたり、鶏のささ身を湯がいたものや、食べてもいい野菜を煮たものを混ぜてあげるだけでも、喜んで食べてくれることがあります。

 

食欲がない場合には、まず原因を確かめ、それに合った対処をしてあげてくださいね。