ヨークシャーテリアの飼い方・しつけ方

ヨークシャーテリアに人間の食事は与えない

 

本当に大切な家族の一員と思い、大切にしたいなら人間の食事は与えない事です。

 

私たち人間にとって必要な栄養素は、犬にとっては必要のないものもたくさんあります。

 

私たちが美味しいと感じる味付けは、犬にとっては濃すぎて健康に悪いこともあるのです。

 

例えば、玉ねぎですね。

 

血液がサラサラになるので玉ねぎを使ったメニューが食卓に並ぶこともあるでしょう。

 

しかし、犬にとっては玉ねぎの成分が毒になるので、食べる量によっては死んでしまう事もありうるのです。

 

チョコレートなどもそうですね。

 

おやつのチョコレートを欲しがるので与えてしまうと、これも犬にとっては毒になり、中毒症状を引き起こし、最悪死んでしまう事もあります。

 

犬には犬にふさわしい食事があり、おやつも犬専用に作られたものをあげることが大切です。

 

決して人間の食事は与えないようにしてください。

 

室内で生活している場合、特に部屋の中で自由にさせていると、食事の時に食卓にある食べ物を欲しがることがありますね。

 

欲しがる、可哀そうだから人間の食事を与える。

 

飼い主さんはこれで満足でも、果たしてこれが本当に犬にとってはいいことなのでしょうか?

 

と言っている私も、ワンコ達のお誕生日の時などは、つい与えてしまう事もあったりします。

 

でも、こういう時は、味付けをしていない茹でただけのお肉とか、野菜をあげています。

 

基本は、人間の食事は与えないことですが、すでに習慣になってしまっている場合は、今日から一切味付けをしていないものに切り替えていくといいですね。

 

これから犬を飼う人は、仔犬の時から人間の食事は与えないことを徹底してくださいね。