ヨークシャーテリアの飼い方・しつけ方

ヨークシャーテリアの食事のしつけ

 

食事は毎日のことですね。

 

毎日のことだからこそ、しっかりとしつけをしておきましょう。

 

食事を通して色々なしつけに応用ができます。

 

しつけを始める時は、一番最初に食事のしつけから始めてみましょう。

 

食事を食べさせる前に、オテ&オカワリをさせる人もいますが、私はこれはしていません。

 

なんとなく人間の自己満足のような気がして好きに慣れないのです。

 

オスワリとマテしかしていませんがこれでも十分なので、必要だと思うなら教えていけばいいと思います。

 

まず、食事の前にオスワリをさせます。

 

次にマテと言って待たせます。

 

食事を持っていく時に、高い位置に食器を持ち、犬の食事の場所に行きます。

 

そのまま待っていると、犬は上を向くので顔をあげますね。

 

この時、自然とお尻が下がりオスワリの姿勢になります。

 

座るタイミングを見て、オスワリと声をかけます。

 

次に食事を目の前に置き、手で犬を軽く押さえながら「マテ」と強めに声をかけます。

 

2〜3秒したら、ヨシと言って食べさせます。

 

毎日繰り返していくと、ご飯の時間を利用して自然としつけも出来ていきます。

 

ご飯の時間に、これができるようになったら、他の時にもオスワリ、マテをすると自然と出来るようになっていきます。

 

食事のしつけが、結果的には他のしつけにもつながるという事ですね。

 

まずは、食事のしつけをしっかりとしていきましょう。

 

コマンドを覚えるのに個体差があるので、時間がかかる場合もありますが、叱ったりせず出来なくて当たり前と思い、出来たら思いきり褒めてあげましょう。

 

食事のしつけも他のしつけも、焦らず根気よく行いましょう。