ヨークシャーテリアの飼い方・しつけ方

ビートパルプが入っていないフードを選ぶ

 

ビートパルプとは簡単に言えば凝固剤のことです。

 

便を硬くする効果があるので、コロコロのウンチが出るわけです。

 

また、アンモニア臭を抑えてくれる効果もあるようですね。

 

ウンチの始末をする立場からすると、なんて便利なものなの!と思ってしまいますが、これってワンコの健康にとってはどうなんでしょうね?

 

「ヒートパルプ=悪い物!」とするのは良くないかも知れませんが、こういう風にも考えることができますね。

 

ウンチを固めるのは便利な一方で、強制的に硬くしてしまうので、ちょっと体調が悪くお腹がゆるい時でも、ウンチでそれを判断することができません。

 

ビートパルプが入っているドッグフードを食べているにもかかわらず、下痢をしているとわかった時には、もしかしたらかなり具合が悪かったのに、それを見落としていた・・・。

 

なんて可能性もありますね。

 

もちろん、悪い風に考えたらキリがありませんが、ウンチの状態で毎日の健康状態を把握することもできるので、できればビートパルプが入っていないフードを選ぶ方が良いと思っています。

 

もちろん、ビートパルプが入っているドッグフードが全て粗悪なものというのではありません。

 

最終的に決めるのは飼い主さんですし、飼い主さんの考え方にも個人差がありますね。

 

何が一番、ワンちゃんにとって良い事なのかを考えてみましょう。