ヨークシャーテリアの飼い方・しつけ方

ヨークシャーテリアの毛色・毛質

 

ヨークシャーテリアが子犬の頃は、黒と茶色っぽい毛をしています。

 

ですが、成長するにつれて少しずつ毛の色が変化していきます。

 

これがヨークシャーテリアの魅力でもありますし、人気の理由になっているようですね。

 

子犬から少しずつ成長していく過程で、最終的には7回毛の色が変わるとも言われています。

 

最も美しいと言われているスチールブルーという毛の色になるまでには、シルバーが出てきたり、ゴールドがかった黄褐色や、褐色の色になったりもします。

 

部分的に褐色が残ることもありますね。

 

全体的に背中から尻尾にかけてスチールブルーで、手足の先がゴールドだったり、茶褐色だったりします。

 

頭もシルバーが強く出る子もいれば、ブラックや褐色が強めに出る子もいます。

 

どの色がどれくらい出るかは、完全に個体差なので、将来どんな色になるか楽しみが増えてきます。

 

ドッグショーの場合は、ヨークシャーテリアのみ、毛の量・毛質・長さ・色合いなどが審査の項目に加わると言われています。

 

一見毛の手入れはとても大変そうに思えますが、シングルコートなので抜け毛は毛の長さに比べて気にならない程度だと言われています。

 

しかし、美しい毛並みをキープするためには、毎日のブラッシングと定期的なトリミングが欠かせませんね。