ヨークシャーテリアの飼い方・しつけ方

しつけのコマンドは短めにする

 

コマンドというのは、マテ、スワレ(オスワリ)、フセ、ヨシなどのことですね。

 

しつけをする時の掛け声のことです。

 

犬も毎日話しかけていくと、しっかりと言葉を聞き分け理解できるようになります。

 

その証拠に我が家でも大好きな「ごはん」「グリニーズ」「ガム」「さんぽ」という言葉には、異常なまでに過敏に反応して、大喜びで駆け寄ってきます。

 

その代わり、「爪切るよ〜」や「耳掃除するよ〜」という言葉を聞くと、決まって皆ハウスに逃げ込みます(笑)

 

これは皆、短めの言葉ですね。

 

たまに犬に向かって愚痴をこぼすこともあります。

 

そういう時には聞き役の子がじっと聞いてくれている(と勝手にそう思っています)のですが、時折首をかしげて、「何言ってるの?」みたいな顔をします。

 

あまり聞きなれない言葉や、話が長いので理解できないのでしょうね。

 

例えば、マテのコマンドを、「○○ちゃん、お利口だからそこでじっと待っててね」なんて言っても、はっきり言って説得力はありません。

 

犬の目を見て一言、「マテ」と言うだけでいいんです。

 

この方が、犬も理解しやすいし、コマンドも出しやすいですね。

 

最初にコマンドを短めにして、いくつか単語を覚えれば、それに関連した動作などで、理解することもできますので、コマンドは短い方がオススメです。

 

基本的に、コマンドは短ければなんでもいいと思います。

 

NO、ダメ、GOODなどなど、飼い主さんが言い易いコマンドを決めて指示を出してあげてくださいね。