ヨークシャーテリアの飼い方・しつけ方

ヨークシャーテリアのトイレのしつけ

 

トイレのしつけは一見簡単なように思えますが、私の経験上一番難しいしつけだと思います。

 

ところが、コツとタイミングさえ把握していれば、意外と上手くいくものなんです。

 

まず、何事も最初が肝心です。

 

もしも、これからヨークシャーテリアの子犬を飼う予定があるなら、最初にトイレのしつけを完璧にしておきましょう。

 

一番便利なのが、サークルを使ってトイレを覚えさせることです。

 

仔犬のうちはトイレができるようになるまでサークルの中で生活をさせます。

 

といっても、1日中サークルの中に閉じ込めておくというのではありません。

 

トイレができたらサークルから出して遊ばせてあげるのです。

 

ハウスとトイレを一緒にするのが嫌だという場合は、トイレのしつけの進み具合を見ながら、少しずつ変えていけばいいでしょう。

 

仔犬の内は特に寝起き、食後、遊んだ後(軽い運動の後)にトイレをします。

 

ですから、最初はサークルの中にハウスを置き、その前にトイレも設置してあげましょう。

 

目が覚めたら、ハウスから出てトイレをする環境を作っておけばいいんです。

 

上手にできたら、すぐに褒めてあげましょう。

 

トイレをしたら褒めてもらえるとわかると、面白いように覚えも早くなってきます。

 

最終的にサークルの中には、ハウスをサークルの前や横にトイレを移動させていけばいいでしょう。

 

あまり場所をコロコロ変えるのはよくありませんので、出来るだけ近いところにトイレを設置してあげます。

 

失敗することもありますが、その時は叱ったりせず、無言で掃除をします。

 

そのかわり上手に出来た時には、思いっきり褒めてあげてくださいね。