ヨークシャーテリアの飼い方・しつけ方

ヨークシャーテリアの留守番のしつけ

 

ヨークシャーテリアは、とても甘えん坊さんな性格の子が多いので、お留守番のしつけもちょっと大変かもしれませんね。

 

でも、どんなに可愛いからといって、四六時中ずっとべったりと一緒にいるというわけにもいきません。

 

日中必ず家に誰かいる家庭でも、買い物に出かける数十分の間や、どうしても用事で外出しなければいけないこともありますね。

 

そういう場合に、後を追って鳴いたり、問題行動を起こしたりしないように、お留守番のしつけもしっかりとしていかなくてはいけません。

 

まず、仔犬のうちからサークルで1人でいる時間を作るようにしてみてください。

 

1人の時間を作ることで、少しずつお留守番ができるようになります。

 

サークルのある(犬のいる部屋)から出て、他の部屋に移動してもいいですね。

 

この時、ガムやおやつを与えて気をそらしてもいいでしょう。

 

最初から何時間も留守にするのではなく、少しずつ時間を長くしていきます。

 

出かける時には「行ってくるからね!お利口にお留守番しててね。」などと声をかけない方がいいですね。

 

これから1人になる不安にかられてソワソワしたり、鳴き出す場合もあります。

 

1人でいても、不安にならないようにグッズを使うのもいいでしょう。

 

オススメはデンタルコングというグッズです。

 

これはお留守番のしつけに高い効果を発揮するので、人気のグッズとなっています。

 

中が空洞になっているので、その中にめいっぱいドッグフードやおやつをギュウギュウ詰めにしておきます。

 

ちょっとやそっとじゃ取り出せないようにしておくと、夢中になって中身を取り出すことに集中するので、お留守番していることを忘れてくれます(笑)

 

ヨークシャーテリアの留守番のしつけは、出来るだけ普段から、1人でいる時間を作ること。

 

グッズなどを上手に使って、寂しい思いをさせないように工夫することですね。