ヨークシャーテリアの飼い方・しつけ方

ヨークシャーテリアの噛み癖のしつけ

 

噛み癖のあるワンちゃんは、どこへ行っても嫌われてしまいます。

 

噛むという行為は本来犬にとっては当たり前のことなのですが、人間社会で生活していく以上、人を噛むことは許されないことなのだと教えていかなくてはいけません。

 

ヨークシャーテリアの噛み癖のしつけは、仔犬の甘噛みのうちから徹底してしつけておきましょう。

 

仔犬のうちは、遊ぶのも大好きですね。

 

でも、楽しくてつい興奮しすぎて何かを噛んでしまう事があります。

 

仔犬でも本気で噛まれたらかなり痛いですし、小さくて尖っている歯で怪我をする事もあります。

 

仔犬は遊んでいる時や、抱っこされている時に甘えて飼い主さんの手を舐めようとします。

 

ところがこれがエスカレートしてくると、つい噛んでしまいたくなるんですね。

 

ある意味本能的なことなので仕方がないのですが、舐めるのはよくて、噛むのはイケナイといっても、仔犬には理解できません。

 

仔犬と遊ぶ時や、スキンシップを取る時には、どうしても仔犬の口元に手を近づけてしまいますね。

 

これを手ではなくおもちゃなどにすればいいんです。

 

直接手が口に近づかないような状態を作っておけばいいんです。

 

万が一、手を噛んでしまいそうになったら、その時はすかさず大きな声でイケナイとしかり、すぐに遊びをやめましょう。

 

手を噛むと遊んでもらえないとわかれば、自然と噛まなくなってきますし、おもちゃやボールは噛んでもいいものだとわかるようになってきます。

 

ヨークシャーテリアの噛み癖のしつけのコツは、噛まれないような状況を作っておくことが大切です。