ヨークシャーテリアの飼い方・しつけ方

ヨークシャーテリアのマウンティングのしつけ

 

例えば、多頭飼いの場合に先住犬が新しく来た仔犬に、自分の方が立場が上なのだと誇示するためにマウンティングを行う場合もあるので、時には温かく見守ることも大切になります。

 

しかし、あまりにもしつこくマウンティングするようなら、やめさせましょう。

 

犬同士の場合は、必要なとこもありますが、人に対してマウンティングをしたら、すぐにやめさせましょう。

 

マウンティングは、犬が人に対して自分の方が優位にあるという事を示そうとしています。

 

飼い主さんにはしないのに、飼い主さんの子供にはマウンティングをするなんてことがよくありますね。

 

犬は家族がいる場合、家族に順位をつけようとします。

 

飼い主さんのことは信頼しているし、自分よりも立場が上であり、飼い主がリーダーなのだとしっかりと犬が理解していれば、飼い主さんに対してマウンティングをすることはありません。

 

しかし、子供はどうしても気まぐれで適当なので、犬は信頼できずに、どこか小馬鹿にしていることもあるのです。

 

飼い主さんには絶対にしなくても、家族の誰かにマウンティングしようとしたら、すぐにやめさせて引き離し座らせましょう。

 

子供の足にしがみつこうとした時には、毅然とした態度で振り払い、徹底的に無視をしてください。

 

犬は無視されるのが何より辛いことなのです。

 

まずは、家族全員が犬に対して一貫した態度を取ることも大切ですね。

 

そして、座らせる時には、飼い主さんが子どもと一緒に犬を座らせるようにしつけて行きましょう。

 

態度や接し方を統一するのも、大切なしつけのコツです。