ヨークシャーテリアの飼い方・しつけ方

ヨークシャーテリアの性別を考える

 

ヨークシャーテリアの多頭飼いをするなら、性別を考える事も必要ですし、大切なことになります。

 

まず、最初になぜヨークシャーテリアの多頭飼いをするのかを考えてみましょう。

 

賑やかに過ごしたいから、ヨークシャーテリアが好きだからなど理由も色々とあると思います。

 

しかし、犬同士でも性別が違えば、自然の摂理で発情期には本能的に子孫を残そうとします。

 

2匹目や3匹目を飼う前に、キャリアや遺伝性の病気などがないかなど、しっかりと調べていて、その点をクリアしているなら、将来的に交配させることもできます。

 

しかし、ただ相性が良かったからと性別を考えずに飼ってしまうのはオススメできません。

 

オスとメスを多頭飼いする場合、もしも遺伝性の病気を持っている子がいて、交配してしまう危険性があるなら、避妊手術や去勢手術をしなくてはいけません。

 

もちろん、強制ではありませんし、強く言えることではありません。

 

しかし、明らかに病気を受け継ぎ、不幸な仔犬が生まれるとわかっているのに、何もしないのは無責任な行動です。

 

多頭飼いをする場合は、性別もよく考えておいてほしいと思います。

 

オスだけを飼うのならそれもいいでしょう。

 

メスだけの場合も同じですね。

 

オスはマーキングをする習性があり、メスは生理があるので、トイレや部屋が汚れるなど問題も出てきます。

 

多頭飼いをする場合は、色々な問題を考えた上で決めてほしいと思います。