ヨークシャーテリアの飼い方・しつけ方

去勢手術・避妊手術をする場合

 

多頭飼いをする時、性別が違う犬を飼う事もありますね。

 

その場合は、去勢手術・避妊手術をすることも考えておかなくてはいけません。

 

特に、将来的に仔犬を産ませたいと思って多頭飼いをする人は特にそうですが、その犬の先祖をたどり、遺伝性の病気がないかなどを、しっかりと調べておきましょう。

 

安易に交配させることで、病気を受け継ぎ、何の罪もない仔犬に苦しく辛い思いをさせることになるからです。

 

もちろん、しっかりと調べて何も問題がなければ交配させてもいいと思います。

 

もしも、仔犬を残し親子で飼うのなら、その場合も性別が違う時には、去勢手術・避妊手術を考える必要が出てきます。

 

親子や兄弟の近親交配も、とても危険なことと覚えておきましょう。

 

最初から、仔犬を産ませる予定がない場合にも、去勢手術・避妊手術を考えておくといいですね。

 

私も最初は、人間の勝手で去勢手術・避妊手術をするのは、とても残酷なことだと思っていました。

 

オスの場合は前立腺系の病気、メスの場合には子宮や卵巣系の病気になる可能性も高くなります。

 

でも、去勢手術・避妊手術をしておくことで、これらの病気の予防になり、その結果、長生きできることもわかってきています。

 

去勢手術・避妊手術をする場合は、早い方が良いと言われています。

 

その場合は、いつが一番いいのかを動物病院で相談して決めていくといいですね。